千葉 劇団 団員募集 船橋 市川 浦安 松戸 東京



2014年2月アーカイブ

オリンピックは終わったけれどジンバは始まったばかりです(2月23日)

2014年2月24日 19:56

練習の時に5キロやせたと言ったら失笑されたN田です。
そもそも誰も信じていなそうでしたみなさんこんばんは。




ずいぶん前に10キロ落とした時も誰も気がつかなかった事を思い出しました。




大雪も徐々に溶け始めて、ジンバはちゃくちゃくと練習をしております。
最近のジンバは、発声の基礎からはじめてその日の中で1シーンを完結させるという実践的な稽古をやっています。
一日でシーンの完成までいけるので、みんな短時間で上手になってきます。
 

 

IMG_9638.JPG



あれ?
見慣れない人がいる?




次回の稽古日誌でカコがご紹介しちゃいます(丸投げ)

 



それにしても、去年の公演後から間が空いてしまっているのでみんな発声をしても自信なさげ。

 

 

 

 

IMG_9657.JPG





いつも真剣指導のまこまこ。


 

 

IMG_9655.JPG


そうそう。そう言えば稽古日誌の写真を撮っているN田のカメラにクリエイティブフィルターという写真を自動加工してくれる機能がある事に気がつきました(演劇の話は?)





■油彩風

 

 

IMG_9684.JPG



あんまり油油してない、油彩画風。
屋内の稽古だと空気がよどんでいるようにしか見えません。



■水彩風

 

 

IMG_9685.JPG



霧がかかったようにしか見えないので、どう撮ると効果が発揮できるものなのか誰か知っていたら教えてください。




■ジオラマ風

 

IMG_9687.JPG




これは高いところから地上を撮影した時に、ジオラマのようになるフィルターです。画面の上と下がぼけて遠近法の錯覚を起こさせるフィルターですね。
屋内の稽古だと、寝ぼけてる時の視界にそっくりなのは内緒にしておきます。


■魚眼風
 

 

IMG_9683.JPG

演出の背中、でかっ!
魔法で足だけ子供になってしまったみたいな写真です。
もうちょっと寄って撮らないと面白くないですね。
ちなみに、魚眼レンズを使って目を中心に寄って撮影すると目が信じられないほど大きく撮れます。みぽりんとママ、ちっちゃ!


■ラフモノクロ

 

 

IMG_9680.JPG


なんか、昭和の新聞の切り抜きみたいになってしまいました。


■ソフトフォーカス

 

 

IMG_9682.JPG


全体的にほわっとした雰囲気になるフィルターです。
この二人は特にこういう効果が似合います。ここはーここはーゆめのーなーかー。



■トイカメラ風

 

 

IMG_9679.JPG


トイカメラで撮影したようなちょっとレトロな感じです。
稽古日誌だったらちょっとこじゃれた感じもするし、トイカメラがいいですかね。





ジンバ初舞台からわずか二公演でとっても上手になったみぽりん。
でも同じような台詞の言い方になると個々の癖というものが出てくるのでちょっとしたアドバイスを。





N田「強く言うときは、いつも足音がドスドスうるさくて目つきのわるいアイツをイメージしてみたら?」







IMG_9698.JPG











本当にみんな上手になりました(うっとり)

千葉も記録的な大雪(2月9日)

2014年2月15日 22:06

9日の大雪の時には意味もなく近くの神社に吹雪の中参拝に行ったN田です。これで終わりかと思ったら14日から15日にかけても泣くほど大雪で被害まで出ているそうで、神様雪なんかいいから僕のお願いどうなりましたかみなさんこんばんは。

 

 

 

そのうち、キャンプに行ってダッジオーブンで美味しい鶏肉を食べたいです。

(神様にお願いしたこと)

 

 

 

そんなこんなで大雪の次の日(2月9日)は元気にジンバの稽古です。

しかし、前日の大雪(2月8日)の影響で交通機関が麻痺していました。

安全第一がモットーのジンバですので、稽古場までの道のりで危険が伴いそうな人にはお休みしてもらうようにお願いしてありました。(こういう連絡は事前にメーリングリストが飛び交います)。よって練習の参加メンバーは若干人数が少なめです。

 

 

 

IMG_7905.JPG

 

 

 

 

しかーし。豪雪の中をものともせずに集まった勇気と無謀の区別がつかないちょっとアレなメンバー達に、冬季オリンピックの人気種目「女子力」で三連覇中のみぽりんからバレンタインの手作りチョコレート(見た目、味、ともに金メダル)が配られました!!

 

 

みぽりんがソチに行っていたら、日本はもっとメダルが取れると思うの。

 

 

IMG_7911.JPG

 

 

 

ここまで書いていて、まだ演劇の話に微塵も触れていない事に気が付きました。

あれ、そういえば写真を見たら伝説の男(山P)がいる。

次回公演(実は第二十回目の記念公演です)の音響には伝説の男、山Pが帰ってくる!(かも)

 

 

では、外は大雪の後がひどかったですが練習はまじめにやっていた事を写真で振り返ってみます。

 

 

IMG_7927.JPG

IMG_7929.JPG

 

 

 

まじめにやってます。(山Pがちょっとジョジョみたい)

 

 

 

IMG_8009.JPG

IMG_8022.JPG

 

 

 

 

まじめにやってます(うつむきながら小声で)。

 

 

 

発声練習や柔軟をやった後は、昔の台本を元にあるシーンを作ってみました。

物語に書いたことが現実になってしまう「未来台本」の脚本家、まこまこが書いた「Snow for the Spring」です。この作品は劇中で雪が降るという演出がある物語でしたが、

 

 

本番の日に今年の大雪レベルの雪が降ってしまい、カーテンコールでお客さんに謝ったでお馴染みのあの台本です。

 

 

 

大雪が降った後だからそれにちなんで、「Snow for the Spring」の台本で練習でもやてみようかなぁなんて甘い気持ちを吹き飛ばしてくれるまさかの2週連続大雪でした。うん、この台本は雪が降る時期にやったらダメなのかな(遠い目)

 

 

 

昨年の公演以降、ジンバで演じるという事から(ジンバのオフシーズンだったので)少し遠のいていたみんなでしたが、とっても楽しそうに真剣に演じていました。

 

 

 

IMG_8044.JPG

 

 

前回公演の少し前からみんな真剣に演じる事の本当の楽しさを体で覚えてくれたように思います。だから、ちょっとした練習でも真剣に物語を作ってくれるので見ている方もとても楽しい練習でした。

 

 

 

IMG_8055.JPG

 

 

 

みんなで笑って騒いで、真剣に練習して美味しいチョコも食べてジンバにとってはまた楽しく一日を過ごすことが出来ました。