千葉 劇団 団員募集 船橋 市川 浦安 松戸 東京



ポッキーの日の稽古 11/11

2018年11月11日 21:02

最近弾き語りのインターネット放送を聞きながら仕事をしているN田です。
演奏中に「ごめーん間違えちゃったー」なんて事がよくありますがそういう優しい雰囲気をもっと音響にもみなさんこんにちは。








そのうち演劇もyoutubeLiveやツイキャスで放送する日が来るんでしょうか。








さてさて。
この稽古の日の段階ではまだ公演日が確定していません(現在は確定しています2019年6月29日30日です)。
ただ候補日は決まっていて、その日は年に一度の本公演という日だけでなく自分たちにとっても重要な日になるはずの日です(公演に来ていただければなぜ重要な日なのかはわかると思います)。




ですので、笑いながら稽古をしながらも内心ではとても心配をしながら稽古を行っているというそんな日でした。





候補日の抽選に漏れてしまっても、別の日や別の会場での公演を考えていたので、本番用の台本制作を考えながら、基礎練習を交えながらみんなで稽古をしました。










ポッキーの日だからこの写真を撮ったのだけれど





真面目にやってる用に見えてみぽりんの目がはーちんを狙う獣。





練習前のストレッチは本当に大切





台本が配られる時はいつも独特の緊張感があります





演出の説明も気合が入ります





台本に土下座をしているわけではなくただのストレッチです





発声練習の時って高い確率で面白いことが起こるのはなぜだろう





仮配役のチーム分けの時にじゃんけんがあります。そしてみぽりんが負けました。





今年一番渋い空気。ひどすぎるくらい渋い空気。





配役そのものにはお約束のアミダくじです。





配役をして実際に演じる事になりました。のっちさんが謝っているわけじゃありません。





舞台上の演技を見ている人たちの方が真剣





別チームも出番がやってきました。





4人が4人共違う表情でいい感じ。





ようやく立たせてもらったのっちさん









そんなわけで、ちょっとドキドキの稽古日でした。