千葉 劇団 団員募集 船橋 市川 浦安 松戸 東京



7月28日。後半の後半。感情表現

2019年8月 5日 14:08

稽古日誌を書くと長くなるのはなんでだろう。

真面目に書きすぎなのかな。

一度に上げればいいのにいくつもに分けるからわかりずらくてごめんなさい。

この日はなにがなんでもこれで最後だよ。

というわけでこの日のメインイベント。

「感情表現その1」についての稽古。

例としてすこしあげると・・・

*************************************

★いろいろな言い方をしてみる★

「今日は台風こなかったね」をまずはいろいろな言い方をしてみる

 

    今日は台風が来ると思って買い物にいく予定をキャンセルしてしまっていた人・・・

    今日は学校が休みになるのを期待してた人・・・

    今日は休めない仕事がある会社員・・・

    今日台風が来るかどうか友達と賭けをしていて、勝った人・・・


**************************************

この日は台風が来る予定で稽古大丈夫かなと心配していたのでこの例文にしたのですが
このように同じ言葉でも立場が違うと感情が変わります。
まずはどういう感情でこのセリフを言うかをみんなにそれぞれ考えてもらいました。
(実際はもっと表現の数が多いです)

IMG_6488.jpg

それぞれ違う感情になったかと思います
(人によってかぶるのもあるかも)

ということは、同じように表現してはいけないわけです。

言い方からある程度その人の立場や気持ちが表現できると

お芝居をみているお客様はあまり頭を使わずにお芝居を見ることができます。

私たちが目指したいのは、みていて疲れないお芝居。

そのためにはどうしたらいいかをみんなで考えていきます。

IMG_6470.jpg

IMG_6481.jpg

さらには同じ展開の台本なんだけど最後の会話が違うだけで

そこまでの感情表現が変わってくるという戯曲についても

5パターンほどやっていきました。

IMG_6482.jpg

これは本公演の時の台本を読み込んでいくときに必要なスキルになるので

練習しておくと今後120ぺーじもの台本をやっていくときに理解が楽になるかなと

おもい、台本読み込み練習を兼ねてやっていきましたよ。

なんか、演劇学校みたい。

っていうか演劇学校でこんなことやるのかしら??


楽しく芝居を作るためにはある程度の表現方法の引き出しや技術が必要だと思っています。

そうしないと1時間45分というお芝居を作っていく過程が大変で苦しいものになっちゃうと思うんですよね。

なので基礎練習の時にこういうことをやるようにしてます。

これは私が勝手に私の書いた台本で私が演出をつけるという場合に必要になりそうなものを

考えて作っている基礎練習なので、世の中的には

「えー、そんなことやってんの?」

っていうことがあるんじゃないかな。

でもいいんです。

ここは演劇学校じゃないからね♪

楽しくやろう!

IMG_6514.jpg


というわけで、感情表現を少しみんなで考えた後で

さっきやった戯曲をもう一度やります。

実はわざと感情がコロコロ変わる台本になっていたので、

セリフ一つ一つに感情を当てはめていきます。

IMG_6492.jpg


それができたら、今度はそれを意識して
感情豊かに発表しましょう!

IMG_6502.jpg


IMG_6512.jpg


なかなかいい感じでした!

ちなみに・・・

この日は見学さんが一人来てくださいました。

どうも私は初めての人と会話すると上がってしまって(役者なのに)

うまくしゃべれませんが、稽古を見学してみたいという方は歓迎いたします!

もちろん入らなくても大丈夫です。

どんな感じか雰囲気を知りたい方、いろんな劇団を見てみたい方、もうジンバに入りたいという方

まずはお問合せくださいね。

というわけで本日もお疲れさまでした!