千葉 劇団 団員募集 船橋 市川 浦安 松戸 東京



12月22日~戦いはその前から始まっていた~

2019年12月24日 17:33

皆様今日は。

胸鎖乳突筋と書くところを「乳鎖胸突筋」と何度も書いていました。
ゲシュタルト崩壊中、カコです。

何でまたこんなことになったのか・・・
どうしてこんなことになったのか・・・
早速稽古日記いってみよ~!


DSC_1206.jpg

まずはこの写真。
我が劇団の主宰であり演出であり脚本であり役者であるこのお方。
頭抱えてます。

DSC_1207.jpg

緊張感漂う、演出と舞台監督の背中です。

さて。
何が起きているかといいますと、ズバリ!!
「劇団春夏秋冬 第26回公演」についてのあれこれが始動したのです。

で、これは21日のはなし。

ここを元に22日のお稽古はお話合いとキャスト決め(あら!)でしたよ!

さてさてもろもろの事情で来年の予定を決める事から始まりました本日の稽古。
黒板とホワイトボードをぜいたくに使って稽古の予定を決めていきます。

私たちは社会人劇団の為、基本的には日曜のみの活動です。
職業もばらばらなのでこの予定決めが難航するんですわ。。。
皆が稽古に集まらなければ意味ないですからねぇ。

そしてぼちぼちお昼を食べたあと、
来年の台本が届きました!!!

おおおおお。
おおおおおおおお。
来年はこんな内容なのですかぁぁ~~~~!
(内容がお届けできないのが大変残念です)

脚本をいただいたらもうノンストップでキャスト決めに入ります。
「ちょっとージンバさん、それはせっかちすぎやしませんか?」
という方もいらっしゃるでしょう。

いいえ、遅くはありません。
もうぱつぱつです(色々な意味で)

キャスト決めは毎年の事ですけれどなかなか時間がかかるのです。
本当に時間がかかるのです(大事な事なので二回いいました)

DSC_1211.jpg

(あ、カコの指がうつっちゃってる)

演出も舞台監督もこんな表情。
ここから数時間。。。

「わかった、やりたい役を紙に書いて」
「どーーーーしてもやりたくないってやつはある?」
「候補の人で台本読んでみよう」
「なんか自分の想像と違った感じに聞こえた」
「え・・・」
「これはどんな人ですか?」
「わかんなーい」
「うぉぉぉーーーーこれがいい!」

人それぞれ思う事は色々です。

そしてようやく・・・ようやく・・・・
朝の10時から夕方まで本当に長丁場でした。
キャストも決まりましたよ!!!

決まったら本番まで走りきるのみです!
頑張りましょ~~~

・・・皆様思っている事でしょう。
「で、来年はいつ公演するの?」

答えは・・・また次回!!!!(無駄に引っ張ってみます)